長崎県佐世保市の夜景

      2018/09/02

冬の空気が澄んだ頃合いを見計らって、地元佐世保市の夜景を撮影してきました。
長崎でいうとやはり長崎市の夜景がクローズアップされますし、実際にその光景は見事ですが、
私の地元の佐世保市もなかなかどうして、素晴らしい夜景を見せてくれます。

作られた当時は税金の無駄遣いと大きく報道もされた西九州自動車道も、
夜景という観点からすると佐世保を強く印象付けるものに感じられます。
昨今はLED化を行なっているのか、オレンジの明かりがどんどん白く変えられつつあるのですが、
佐世保の夜景といえばこのオレンジの明かりだと個人的には感じているので、少し寂しいものです。

しかし、この移り変わりも地元の人間として写真に納めていきたいものです。

 

IMG 8507s

EOS 6D / SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM Art

 

IMG 8537s

EOS 6D / EF 70-200mm F4L IS USM

 

まずは弓張岳の展望所より、パノラマと望遠での撮影を。
ここは「させぼシーサイドフェスティバル」の花火撮影でも多数の人が訪れる佐世保随一の夜景スポット。
2016年のさせぼシーサイドフェスティバルを撮影した様子はこちら

第12回 させぼシーサイドフェスティバル

 

 

IMG 8556s

EOS 6D / EF 70-200mm F4L IS USM

 

こちらは天神山公園の展望台より。
西九州道のS字のライン、私は個人的に佐世保の頭文字「S」だと思っています(笑)

 

 

 

IMG 8575s

EOS 6D / EF 70-200mm F4L IS USM

 

最後は烏帽子岳方面から。
これで三方向から撮影していますので、残るはあと一方向、赤崎方面から。
こちらもいい場所を見つけていずれは撮影したいですね。

 - 長崎の風景