熊本県阿蘇市 東登山道からの米塚に落ちる夕日

      2018/10/14

阿蘇駅から阿蘇山上、草千里方面へと登る、東登山道。
この道は広大な牧草地帯を抜ける雄大な道です。
登って行くと左手に米塚と呼ばれる小さい山が見えます。
秋のススキと米塚、そしてちょうど米塚に落ちる夕日を捉えました。

IMG 8631 Edit

EOS 6D / SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM Art

米塚はその高さは80mほどですが非常に美しい円錐状の形をしており、山頂が大きくくぼんでいるのが特徴です。
くぼみは火山であった名残だそうですが、 伝説では大昔、神様が収穫した米を積み上げたもので、
頂上のくぼみはその神様が貧しい人々に米をすくって分け与えたのだそうです。
阿蘇の平野部にはたくさんの水田があり、阿蘇の水で育ち、採れたお米はさぞ美味しいでしょうね。

 - 熊本の風景