長崎 国宝 大浦天主堂

      2016/04/13

休みの日に長崎まで足を延ばしてきました。新しくなった鍋冠山展望台からの夜景がメインの目的でしたが、少し時間があったのであたりを散策してみました。鍋冠山のすぐ下にグラバー園、大浦天主堂など歴史的な建物が点在しています。

国宝 大浦天主堂(日本二十六聖殉教者堂)

16年04月12日-2

EOS 6D / EF 17-40mm F4L USM

大浦天主堂は二つの歴史的出来事と密接に関わっています。
一つは、1597年日本で最初に殉教した日本二十六聖人たちに捧げられた教会です。そのため、大浦天主堂は殉教の地である西坂に向けて建てられています。
もう一つは、1865年におきた信徒発見です。大浦天主堂が1864年にたてられ、翌1865年2月から公開が始まった一ヶ月後に浦上の隠れキリシタン達が信仰告白をして名のりを挙げました。プティジャン神父は大喜びでフランス、ローマに報告しています。(大浦天主堂HPより)

1953年に国宝に指定、2007年にユネスコ世界遺産(文化遺産)の暫定リストに入った「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」のうちの1つです。

16年04月12日-3

EOS 6D / EF 70-200mm F4L IS USM

 

16年04月12日-5

EOS 6D / EF 70-200mm F4L IS USM

時間の都合上、中には入っていませんが、非常に歴史を感じさせる建物です。今度来るときは中の様子も見てみたいです。

国宝 大浦天主堂

〒850-0931 長崎県長崎市南山手町5-3

http://www1.bbiq.jp/oourahp/

拝観時間:AM 8:00 ~ PM 6:00

 

ちなみに、近くの絵本美術館へ立ち寄ってみました。様々な絵本が置いてあり、購入もできます。建物の雰囲気も良く、この日は桜も咲いていました。

16年04月12日-4

EOS 6D / EF 70-200mm F4L IS USM

 

16年04月12日

EOS 6D / EF 70-200mm F4L IS USM

 

 - 長崎の風景 , ,